Python初心者がbottle.pyでリドルゲームを作ってみた。その1

公開日: : 最終更新日:2014/03/04 bottle.py, Python

やっぱり何か作らないとプログラミングは上達しないですよね。
そんなわけで、前回に引き続きbottle.pyを使ったPython勉強の様子です。

題材にちょうどいいので、リドルゲームでも作ってみることにしました。

 

 

リドルゲームとは

簡単に言うと謎解きゲームです。

HTMLで作られた一種の脱出ゲームみたいなものですね。

 

作り方

今回は、基本的にこんな流れで作っていきます。

  1. テンプレートファイルを作る(MVCでいうV?)
  2. ルーティングの設定をする(MVCでいうM?)
  3. 必要な処理があれば記述して1ページ完成

 

準備

bottle.pyをダウンロードしましょう。

このフレームワーク特にインストールとかいらなくて

好きなところに公式サイトから落としてきたbottle.pyを置いておけばそれだけでオッケーです。

 

https://github.com/defnull/bottle/raw/master/bottle.py

ここらへんから落とせます。

 

どこのディレクトリに配置してもいいんですが、

bottle.pyを置いてあるディレクトリには views ってフォルダ作りましょう。

そこがテンプレートファイルの置き場所になります。

 

実際にやってみる

謎解きのロジックは人それぞれ違うと思いますが、

そこはさておき実際に作ってみます。

 

テンプレートファイルを作る

viewsディレクトリの中に .tplファイル を作ります。

bottle.pyがあるディレクトリで

mkdir views

cd views

vim test.tlp

こんな感じで。

中身は最初は適当に hello world! とか書いといて下さい。

 

今日は力尽きたので続きはまた今度。

ちなみに完成品はこちらになります。

http://riddle.millay-diary.info/

関連記事

no image

Python初心者がbottle.pyでWebアプリを作ってみる。準備段階

次の日が祝日だと何でも出来る気になりますよね。 なので私はPythonのお勉強でもしますよ!!

記事を読む

no image

Python初心者がbottle.pyでリドルゲームを作ってみた。その2

前回に続いてリドル作っていきますよ! ちなみに、前回載せた完成形のページ作るのには3時間くらい

記事を読む

no image

PythonでSlideShareのAPIいじってみた

今日はSlideShareのAPIをPythonでいじってみました。 とりあえず検索ワードに対

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
学生時代に1ミリも知らなかったJavaの開発風景

※この記事は、苫小牧高専 Advent Calendar 2016 -

no image
gitbucketで再起動に失敗してDBエラーが起きた話

とあるAdvent calendarを書くことになったのですが、そもそ

no image
機械学習について簡単におさらいした

機械学習について、実際あんまりよくわかってなくね?ってなったので

no image
svnを使っている作業場でgitを普及させるためにやったこと

今回は、ある作業場でgitを普及させたい!という思いから、私が個人的に

no image
jenkinsのジョブでIllegalArgumentExceptionが起きた

Jenkinsのジョブで、 java.lang.IllegalArgu

→もっと見る

PAGE TOP ↑